篆刻って?【歴史】

“梵字って?” をシリーズでご紹介してきましたが、いかがでしたか。
今回からは “篆刻って?” と題して篆刻のお話をしたいと思います。
まずは篆刻の歴史からです。

篆刻の起源は、人類が文字を使い始めた紀元前3000-3500年より前の、
紀元前5000年紀のメソポタミアにあるといわれています。
文様か絵が彫られたものでした。

篆刻の文字と聞くと、普段よく目にする字体とはちょっと違う、
篆書を思い浮かべる方も多いかと思います。

この篆書ですが、狭義では小篆、広義では小篆、大篆の総称を指します。
小篆は、紀元前221年秦が中国を統一した際に、
秦の始皇帝が李斯(りし)*に命じて作らせた書体で、
大篆に手を加えたものです。

大篆は、殷、周時代の流れを伝える字体で、
戦国時代に秦で使われていた文字です。
殷の時代には、甲骨文(吉凶の占いに用いた文字で亀の甲羅や鹿の角、
牛の肩甲骨などに鋭い刃物で切りつけた文字)や
金文(青銅器類などの金属器に刻された文字)が登場しています。

この大篆、小篆の “大小” は、 “古新” にあたります。
つまり小篆は “新しい篆書” という意味なんですね。

*李斯 秦の時代の宰相(内閣総理大臣格)
中国王朝で君主を補佐した最高位の官職。

<参考にした本> 篆刻についてわかりやすく書かれています。
  • ツイッター
  • フェイスブック