掛け軸のような額 ピンク

 

名前「真梨」は同じく円朱小篆(円朱文)で書かれています。
篆書については、篆刻って?【歴史】で、少し触れています。
興味のある方は、是非、ご覧になってくださいね。

円朱小篆(円朱文)は、小篆書体のなかでも、

・流れるような筆勢のままに脚の長い縦長の形をとる
・しなやかに円転して角張りを避ける
・全体に優美でまろやかなバランスを保っている

という特徴をもつものです。

大書画ちょうもう(1254~1322)が、唐代のようひょうによる『じょうこうびょう』の
小篆に基づきながら、その構想をさらにつきつめ、
円転する朱文の細線を駆使して生まれたのが、この円朱小篆です。
柔らかさの中にも筋金の入った強さが秘められており、
長く愛されてきた書体です。

額の詳細は命名額(掛け軸)でご覧頂けます。

  • ツイッター
  • フェイスブック