夏のご挨拶にいかがでしょうか

酷暑、お見舞い申し上げます。
体温より高い気温が続いています。

店の軒先に並ぶ鉢植えの花の朝の水やりも、
普段より多めでないと夕方の水やりまでもたないようです。

さて、今年もあっという間にお盆の季節を迎えました。
当店も15日までお盆休みです。
ニュースによると、今年のお盆の渋滞のピークは、
10日と11日、そして15日だそうですが、
その渋滞を覚悟してでも、帰省、レジャーと家族で楽しめる時間は
かけがえのないものですね。
お車で移動なさる方は十分お気をつけ下さいね。

お休みの間に、ご無沙汰ばかりで、お目にかかれないあの方に
お顔を思い浮かべながら、残暑見舞いを書きました。

右上には、暑い中で、涼しげな花を咲かせる蓮の花。
花びらが何とも言えない優しい色で、心和ませてくれます。
そんな蓮の花の印と、今日は、知佐子の”知”を押しました。

引き出しを開け、数ある印の中から、
今日はどれを押そうかな?と考えるのは、楽しいですよ。

夏のご挨拶といえば、暑中見舞いと残暑見舞いがありますが、
一般的に、暑中見舞いは最も暑さが厳しい季節
(二十四節気でいう、小暑(7/7頃)~立秋(8/7)の前まで)、
残暑見舞いは立秋(8/7頃)以降、8月中に届くように出す
とされています。

お世話になっている方、大切な方へ
篆刻印を使って、一味違う、夏のご挨拶はいかがでしょうか?

ご紹介しました蓮の花の印は商品詳細ページでご覧頂けます。

  • ツイッター
  • フェイスブック